膵炎になった愛犬向け|食事療法が出来る無添加ドッグフード!

 

「膵炎になった愛犬の、食事療法に適したレシピのドッグフードを探しているんだけど。」 

「獣医さんから、うちの子の膵炎の食事にって、療法食フードを勧められたんだけど、食べてくれないので、食事療法が大切なのに困ってるのよね」 

 

ここでは、そんなふうにお悩みの飼主さんのために、犬の膵炎に適したドッグフードをおすすめ順でご紹介します。

 

愛犬が膵炎にかかってしまうと、通院や治療のほかに、毎日の食事管理が大切で、食事療法が不可欠になります。普通のドッグフードを与え続けていると病気が悪化し、合併症や命の危険も伴います。

 

全国の動物病院などで流通している「療法食ドッグフード」は、食い付きが良くないとの声もあり、病気のワンちゃんがなかなか食べてくれないといったケースが多いようです。

 

そこで、「犬の膵炎」に対処できる、病気の犬に必要な栄養バランスを備え、人工添加物を一切使用していない、高品質な100%無添加のドッグフードだけを掲載しました。さらに、食い付きの良さも選定基準にしていますので、8割〜9割以上のワンちゃんが食べたものの中から選びました。

 

犬の膵炎におすすめなドッグフード

 

もうご存知だと思いますが、犬の膵炎は、急性膵炎慢性膵炎に分けられます。

 

慢性の膵炎は、下痢や嘔吐が続き、元気が無くなって食欲不振なども起こります。

 

そして、長期にわたる膵炎が悪化すると肝臓に負担がかかり糖尿病を併発したり、逆に高脂血症やクッシング症候群などから生じた慢性膵炎も多いと言えます。

 

急性膵炎は、激しい嘔吐や腹痛、発熱などの症状が現れ食事をとれなくなることもあります。黄色の体液便、さらには灰白の便に血便が出ることもあります。急性膵炎の場合は、食事がとれないほど衰弱するケースが多いのと、集中的な治療を行い早急に対処しないと死に至るため、直ぐに獣医師に診せ治療を受けなければなりません。

 

急性膵炎の場合は、数日の絶食・点滴などによる栄養補給や、炎症や愛犬の痛みなどを緩和するための鎮痛剤や抗生剤などの投薬治療を早急に合わせて行いますので、食事療法を行うのは症状が落ち着いてからになります。

 

慢性膵炎や激しい症状が落ち着いて、食事をとれるようになれば、じっくりと食事療法に取り組み、愛犬の症状を和らげてあげて、寿命も延びるように考えてあげてください。

 

犬の膵炎の食事管理には以下のドッグフードがおすすめです。

 


膵炎,犬,ドッグフード,食事,食事療法

犬心の特徴

◇膵炎の愛犬、全犬種対応の療法食ドッグフード。
◇たんなる「低脂肪」「低糖」だけでなく、膵炎の臨床栄養をオールクリア
◇免疫細胞が70%以上が集中する犬の腸、その腸内の善玉菌をUPさせる「βグルカン高含有」の花びら茸を配合。
◇消化されやすい糖質を制限し、糖の吸収を抑制する食物繊維を配合、ダブルのパワーで血糖値コントロール
◇低カロリーで消化の良いのタンパク質、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など必要な栄養素を絶妙なバランスで配合。
◇膵炎の食事に大事な低脂肪、良質なオメガ3・オメガ6脂肪酸配合。

価格 6,400円
評価 評価5
備考 税抜き 3kg(1kg×3袋)
犬心の総評

「犬心」は、材料から製造そして加工に至るまで、国内ですべて行われている純国産の療法食ドッグフードで100%無添加で。「膵炎」はもちろん、「糖尿病」「高脂血症」「クッシング症候群」「メタボ・肥満」「甲状腺機能低下症」「脂質代謝異常」という、「高脂血・高血糖」が起因する疾患全てをケアできる、犬の膵炎には最良の療法食ドッグフードです。人間も食べれるという天然素材のドッグフードで自然のチカラがコンセプトです。95%以上の飼い主さんが再注文されている美味しいドッグフードですが、無料の食いつきチェックサービスもありますので、愛犬の食い付きを確認してから購入できます。

 


膵炎,犬,ドッグフード,食事,食事療法

モグワンの特徴

◇還元作用の強いアスタキサンチンや愛犬の健康を守るDHA、スムーズなリズムを維持するEPAを含む※(スコットランド産のサーモン)。
◇吸収分解が早い中鎖脂肪酸、そしてリフレッシュできるラウリン酸配合(ココナッツオイル)。
◇良質で低脂質なタンパク質配合※(イギリスの平飼いチキン)。
◇ミネラルやビタミン、アミノ酸などを含む栄養豊富な海藻、オメガ3脂肪酸を配合。
◇糖の吸収をブロックする食物繊維も豊富で体内環境を整えてくれます。
◇ビタミン類やセレンなどもふんだんに配合。
◇愛犬の膵炎の食事管理にも使いやすいドッグフード

価格 3,564円
評価 評価4.5
備考 税抜 (1.8kg) 特別優待価格【10%OFF】 3個以上送料無料
モグワンの総評

高消化のタンパク質とオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸を含合、犬のアレルギーの元になる穀物類は一切使わないグレインフリー。97%以上の犬が食べたという、味も美味しく食いつきの良いのもおすすめです。愛犬の膵炎の食事管理にもとても利用しやすいドッグフードです。療法食ではありませんが成分値や原材料を参考に獣医師に相談しながら使えます。

 


膵炎,犬,ドッグフード,食事,食事療法

アランズ ナチュラルドッグフードの特徴

◇犬が必要とする栄養素を無添加素材のみで実現。
◇イギリスの国際規格をクリアした信用ある工場で「厳しい品質管理の元」に製造されています。
◇人工添加物・着色料・保存料・香料・人工添加物は使いません。
◇人間も食べられる良質なイギリス産で生のラム肉(子羊)使用
◇消化吸収が良く、消化酵素の働きが良くない膵炎の犬の食事管理にも利用しやすいです。

価格 3,564円
評価 評価4
備考 税抜 2s 10,000円以上で送料無料
アランズ ナチュラルドッグフードの総評

アランズ ナチュラルドッグフードは、犬の病気の専門家である獣医師が推薦する、人工添加物を使わないナチュラルドッグフードです。良質なたんぱく質、消化に良い野菜やハーブ・かたよりのない様々な穀類を含み、アレルギーを持っている膵炎の愛犬にも安心です。アランズナチュラルドッグフードは療法食ではありませんが、表記のある原材料と成分分析値を参考にして、獣医師に相談しながら与えてあげると良いでしょう。

 

 

膵炎の愛犬の食事管理で気を付けること

 

膵炎の犬は消化酵素の分泌低下で、脂肪の消化や代謝がうまくいかないため、高脂肪の食事やドッグフードはNGで、「低脂肪」である必要があります。

 

おやつなどは出来るだけ止めて、糖分の摂取にも気を使ってあげなければなりませんので、糖の吸収を抑える食物繊維も大切です。

 

脂肪分は、酸化したものや、中性脂肪や血中コレステロールをあげる粗悪なものではなく、オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸などの良質なものを選んであげないといけません。

 

厳密に言うとまだまだあるのですが、これらの知識を学び、それに合う食材を選んで毎日手作りするというのはなかなか難しいものです。それに万が一自分が間違っていたら、愛犬の病気を悪化させてしまう可能性だってあります。

 

やはり、愛犬の膵炎の食事療法には、原材料や成分値がはっきりとしている、品質の良いドッグフードを選んであげるほうが賢明ではないでしょうか。品質の良いドッグフードを扱う販売元では、愛犬の食事に関しての問い合わせに親身に応えてくれるところが多いので、そういった意味でもおすすめです。

 

 

私が一番おすすめする膵炎の愛犬用ドッグフードは犬心です。

 

犬の膵炎の食事療法や食事管理に一番最適なドッグフードは「犬心」です。

 

犬心は、一般の量販店やペットショップ、ホームセンターなどでの取り扱いはなく、楽天やアマゾン(Amzon)といった大手ネット通販のショップモールでも販売はありません。

 

犬心 糖&脂コントロール」というドッグフードは、販売元である、「マッシュルーム・デザイン・スタジオ(大和菌学研究所)」の公式サイトでのみ通販されています。

 

(犬心が膵炎の食事に最適だという理由の詳細ページも用意しています⇒ 犬の膵炎の療法食|犬心ドッグフードの効果と病気の原因や治療法

 

そのため、まだまだ知名度は高くありませんが犬心を実際に使った飼い主さんや、犬関係の仕事をされている、その道のプロの間では口コミで評判になっています。犬心の効果を実感している飼い主さんは、95%の方が再注文されているとのことです。

 

高血糖・高脂血のトラブル・病気」の臨床栄養を全て含み、「低糖・低脂肪・完全無添加」の純国産療法食ドッグフードが犬心です。

 

犬心がオススメな理由は、犬の代表的な7大トラブルをまとめてケアできるという点です。

 

犬の膵炎もこの7大トラブルに含まれ、併発しやすい病気の予防や、既に併発している愛犬のケアにも最適です。犬心が対応している代表的な犬の7大トラブルは以下の通りです。

 

 

「膵炎」
甲状腺機能低下症
クッシング症候群
「メタボ・肥満」
高脂血症
糖尿病
「脂質代謝異常症」

 

上記の7大トラブルはお互いに併発のリスクが高いのですが、実はすべて「高血糖・高脂血のトラブル」が関係しています。もちろん膵炎もその中のひとつですが、「犬心」だけでこれら全ての病気に対応できます。

 

しかも、全犬種対応。

 

犬心は療法食として開発されたドッグフードであり、純国産・完全無添加で7大トラブル全てをケアできるというのは今のところ犬心しか見当たりません。

 

※犬心の特徴を以下に簡単にまとめます。

・消化されやすい糖質を制限!糖の吸収を抑制する食物繊維を配合しWのパワーで血糖値コントロール。

 

・低カロリー・高消化タンパク質、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素をバランスよく配合。

 

・単なる「低脂肪」「低糖」だけでなく、膵炎の臨床栄養クリア。

 

・免疫細胞が70%が集まる犬の腸、その腸内の善玉菌をUPさせる「βグルカン高含有」の花びら茸を配合。

 

犬心の販売元、「マッシュルーム・デザイン・スタジオ(大和菌学研究所)」は、元々キノコの菌の研究や健康食品をしていた会社で、免疫力のアップについては専門だと言えます。犬の膵炎の食事管理には、「犬心糖&脂コントロール」ドッグフードをおすすめします。

 

今なら無料のお試し食いつきチェックサービスを利用できますので、まずは無料のサンプルで食い付きをチェックしてみて下さい。犬心のリピート率は95%以上です。

 

 

 

犬心の口コミや評判を詳細ページ⇒ 犬心ドッグフードの口コミ「本当の評判」効果の根拠を初公開!

 

トップページへ戻る⇒ 【犬の甲状腺機能低下症の食事】 ※症状が和らぐドッグフード