糖尿病の犬用の食事@レシピの注意点や簡単にできる食事療法

糖尿病,犬,食事,ドッグフード

 

「うちの子の糖尿病が楽になるような食事療法を行いたいけど、獣医さんの教えてくれたフードを食べてくれないで困っている。」

 

「糖尿病と戦っている愛犬に、安心できる療法食のドッグフードを探してるんだけど、どれを選んでいいかわからない。」

 

そんなお悩みを持つ飼主さんに、犬の糖尿病における栄養バランスをしっかり配合し、避けなければいけない成分を含まない、且つ、自然素材で作られた、無添加で安全、そんな食事管理が簡単で、食事療法にも使えるドッグフードをご紹介します。

 

愛犬が糖尿病と診断され、食事管理について悩まれている飼主さんの、参考になれば幸いです。

 

糖尿病の愛犬に適した食事療法が行えるドッグフードとは?

 

インスリンの分泌量が減少し、体の中で糖を吸収することが出来ないため、オシッコ一緒に排出されてしまう糖尿病は、犬にも比較的多い疾患の一つです。犬の糖尿病の原因としては、食事の取り過ぎや運動不足による肥満やメタボから発祥する後天性のものと、遺伝的に発症しやすい先天的なものがあり、そちらもインスリンの分泌がうまくいかないために起こります。

 

また、クッシング症候群甲状腺機能低下症など、他の病気の合併症として、糖尿病を発症するケースもあります。

 

治療方法についてですが、人間の糖尿病で知られているのと同じように、犬の糖尿病の治療に用いられるのが、インスリン注射です。減少したインスリンを投与してやることで、血糖値をコントロールし、症状の緩和を図るわけです。

 

そして、最も重要な役割を果たすのが毎日の食事で、犬の糖尿病においても、食事が健康状態に与える影響は大きいのです。

 

糖尿病になったワンちゃんには、糖質や炭水化物の制限、糖の吸収を抑える食物繊維や、良質で適量な脂肪(低脂肪)や、犬の免疫細胞が集中する、腸の健康に良い成分を含んだ食事が必要になります。

 

ただ、一般のドッグフードは人工添加物が一定量使用され、高脂肪で高カロリーなものが多く、犬の糖尿病の食事には向きません。また、市販されているドッグフードを与え続けた結果、糖尿病になってしまったケースも考えられます。

 

手作りするのも難しいため、糖尿病用の栄養バランス、無添加素材で作られている安全性などをしっかりクリアした、犬の糖尿病の食事管理に適したレシピの、ナチュラルドッグフードをおすすめ順にご紹介します。

 


糖尿病,犬,食事,ドッグフード

犬心 糖&脂コントロールの特徴

・糖尿病の臨床栄養を備えた療法食で全犬種適応!
・単なる「低脂肪」「低糖」だけでない臨床栄養オールクリア。
・免疫細胞が7集中「腸」、その腸内の善玉菌をアップさせる、「βグルカン高含有」の花びら茸を配合。
・「糖の吸収を妨げる食物繊維を配合」「消化しやすい糖質を制限」、ダブルのパワーで血糖値コントロールを実現!
・低カロリーで高消化のタンパク質、ビタミン・ミネラル・アミノ酸等、抜群の栄養バランス。
・低脂肪はもちろんのこと、良質な脂肪であるオメガ3・オメガ6脂肪酸を配合。

価格 6,400円
評価 評価5
備考 税抜 3kg(1kg×3袋)
犬心 糖&脂コントロールの総評

「犬心 糖&脂コントロール」は日本国産で、完全無添加の、療法食ドッグフードで、「高脂血・高血糖」が関わる病気を同時に全てケアで出来るよう作られています。
糖尿病の犬に必要な「臨床栄養」を全てクリアしています。
犬の糖尿病」のみにとどまらず、「脂質代謝異常」「クッシング症候群」「膵炎」「メタボ・肥満」「甲状腺機能低下症」「高脂血症」といった、代表的な犬の7大トラブルの全てをケア出来る、低温手作り製法の100%無添加ドッグフードです。 これら犬の7疾患はお互いに併発しやすいため、糖尿病の愛犬には合併症の予防にもなります。※食い付きチェックの無料お試しサービスあり。


糖尿病,犬,食事,ドッグフード

モグワン ドッグフードの特徴

・「英国の平飼いチキン」などを採用した、低脂質で良質なタンパク質。
・吸収分解が早いな中鎖脂肪酸、ワンちゃんがリフレッシュできるラウリン酸配合。
・犬の健康に欠かせないビタミン類やセレンもしっかりと。
・糖の吸収をブロックする食物繊維も豊富に配合され体内環境を改善します。
・体調をキープするDHA、還元作用の高いアスタキサンチンや、生活リズムを保つEPAがしっかり配合されています。
・ビタミンやアミノ酸、ミネラルなどを含む、栄養豊富の海藻で、良質なオメガ3脂肪酸を配合。

価格 3,564円
評価 評価4
備考 税抜 (1.8kg) 特別優待価格(10%OFF) 3個以上で送料無料
モグワン ドッグフードの総評

権威がある獣医学雑誌、MVMにも掲載されたモグワンドッグフードは、8割以上(2016年10月先端医療学会調べ アンケート調査)の獣医師さんが犬に食べさせたいと推薦した、ナチュラルドッグフード。
高消化で、高品質なたんぱく質と、オメガ3/オメガ6脂肪酸といった良質な脂肪酸を含み、アレルギー源である穀物類を一切使わないグレインフリー。
糖尿病の愛犬の食事管理にも適した完全無添加ドッグフードで、シニア犬にもおすすめ。※療法食ではありませんので、使用原材料表・成分値表をもとに獣医師さんの指示を受けながらお使いください。


糖尿病,犬,食事,ドッグフード

アランズ ナチュラルドッグフードの特徴

・すべてが無添加の厳選された原材料。
・おいしいラム肉を使用し、食い付きの良さで大好評!
・高タンパク・低カロリーのドッグフードで、糖尿病の犬にも使いやすい。
・国際規格であるSAIGLOBALのランクAを獲得し、イギリス小売協会にも許認可された工場で、厳しいクオリティコントロールに従って製造されています。
・市販のフードとは違い、人工添加物・肉副産物・着色料・保存料・香料全て不使用です。

価格 3,564円
評価 評価4
備考 税抜 2s 1万円以上で送料無料
アランズ ナチュラルドッグフードの総評

人工添加物を使わない100%無添加、ペット愛護の先進国イギリスで国際規格をクリアした、品櫃管理の厳しい工場で生産。栄養バランスも素晴らしく消化吸収も良い。
脂肪酸は話題ののオメガ3・オメガ6脂肪酸を配合。
高消化な動物性タンパク質を豊富に含み、犬の糖尿病の食事管理用としても使いやすい。※療法食ではありませんが、素材原料や成分票を獣医さんに診てもらいアドバイスを受けて量を調整して与えてあげるといいでしょう。

 

糖尿病の愛犬の食事で注意するべきポイント

 

 

糖尿病のワンちゃんは、高脂血・高血糖に配慮しなければ、他の病気を併発し、合併症にも苦しむことになります。犬の糖尿病では、食事療法が効果的で、食事管理がしっかりできていれば、元気な生活を送ることが可能になります。

 

ここでは、糖尿病の愛犬の食事で、注意しておかなければいけない、大切なポイントを4つにまとめています。

 

 

1、規則正しい食生活

 

できれば、なるべく同じ時間に食事を摂らせてあげるようにします。インスリンを投与がある場合も、なるべく一定の時間帯にすることを心掛け、血糖値コントロールで体調をしっかりとケアします。

 

 

2、炭水化物・糖質の制限

 

糖尿病のワンちゃんは、高血糖になりがちなので、炭水化物や糖質を制限する必要があります。市販されている普通のドッグフードは多目に含まれている場合がほとんどなので、糖尿病の臨床栄養素を配慮した内容の、できれば、無添加のドッグフードを選んであげましょう。

 

 

3、良質な低脂肪のフードを

 

糖尿病を抱えたワンちゃんは、様々な疾患を併発する危険性が高いことでも知られています。高血糖はもちろんのこと、心臓や血管に負担がかかる、高脂血にもなりがちなので、高脂肪のフードもNGです。
また、脂肪は酸化しやすいため、無添加で糖尿病に配慮したフードでも、開封後は酸化しないうちに食べさせるようにして下さい。

 

 

4、動物病院の先生の指導は守ること

 

獣医師さんは、犬の病気の専門家でありプロです。糖尿病にかかった愛犬の食事についても、ここでご紹介している無添加ドッグフードは、使用原材料と成分分析表がしっかりと表記してありますので、獣医師さんとしっかりと連携し、相談しながら食事管理をすることが大切です。
糖尿病の愛犬の食事療法において、最初は獣医師さんと決めた給与量が物足りず、おかわりを要求したりするかもしれませんが、飼主さんだけの判断で、量を増やしたり、逆に減らしたりするのは、ワンちゃんの病気に良くありません。

 

 

愛犬の糖尿病の食事療法に一番おすすめなのが「犬心」

 

リピート率が95%という驚異の再購入率で、密かに評判を呼んでいる「犬心」ですが、糖尿病を抱えた愛犬には、口コミで広がっている、この「犬心ドッグフード」が一番おすすめです。
特定の病気にかかった状態、その健康状態で必要な栄養素を、「臨床栄養」といいます。

 

この「臨床栄養」を全て含んでいるものを、「療法食(病気管理用食)」と呼びますが、「犬心 糖&脂コントロール」は、臨床栄養を全てクリアした、正真正銘の「療法食ドッグフード」です。

 

使用原材料から製造まで、全てが純日本国産で、徹底的に無添加にこだわっています。人が食べられるレベルのものを「ヒューマングレード」と言いますが、犬心はその、ヒューマングレードでもあります。

 

また、「犬心ドッグフード」の優れているところは、糖尿病の犬が併発しやすいとされる、高脂血・高血糖が関わる病気すべてに対応しているところで、合併症の予防にも役立てるところでしょう。

 

【犬心ドッグフードが対応している7大疾患】

  1. 糖尿病
  2. 膵炎
  3. 甲状腺機能低下症
  4. 脂質代謝異常症
  5. 高脂血症
  6. クッシング症候群
  7. 肥満・メタボ

 

実は、これらの病気は、「高脂血・高血糖」が深く関係しているので、「高脂血・高血糖」に対応することで、全てを同時にケアすることが可能です。

 

「犬心ドッグフード」は、そこに着目し、「マッシュルーム・デザイン・スタジオ(大和菌学研究所)」が、専門家チームで研究に研究を重ね開発されました。

 

大和菌学研究所は、キノコ菌の研究で知られ、人間用の健康食品などの販売でも実績を積んでいる会社です。

 

免疫細胞を活性化する力を育み、病気から守る健康食品で培った技術力は、そう簡単に他のドッグフードで真似できるものではありません。

 

犬心ドッグフードの特徴に、「腸の健康」というのがありますが、善玉菌を増やし、免疫力を維持するため、ハナビラ茸(βグルカン高含有)や乳酸菌、冬虫夏草などをバランスよく配合しているのも、糖尿病を抱える愛犬には効果的です。

 

免疫細胞は犬の腸に集中しており、腸の健康が免疫細胞の元気に好影響を与えます。元気な免疫細胞は、血中コレステロールや脂肪を食べてくれます。

 

他にも、ダブル要素での血糖値コントロールに優れていて、単なる低脂肪ではなく、脂肪の質も考慮した。オメガ3・オメガ6脂肪酸の配合。低カロリーでありながら、高消化性のタンパク質、ビタミンやミネラル、アミノ酸などをしっかり含み、必要な栄養素がしっかりと摂れるようになっています。

 

人工添加物、着色料や残存農薬や保存料、肉副産物やオイルコートさえも使用せず、全ての栄養素を自然由来の、人も食べられる素材原料で作られています。

 

 

「犬心 糖&脂コントロール」の原材料・成分値

 

犬心ドッグフード」の使用原料成分値表不使用宣言している12項目について公式サイトより引用してご紹介します。

 

【使用原料】
生肉(牛・馬・鶏)、各生魚、魚粉、玄米、大麦、さつま芋、じゃが芋、ゴマ、ココナッツ、とうもろこし、大豆、ホエイ、海藻、花びらたけ、ひまわり油、冬虫夏草、乳酸菌群、ビール酵母、オリゴ糖

 

使用原材料は、見ての通り、酸化防止剤、ビタミンやミネラルさえも添加していません。穀物類もアレルギー性が少ないもので栄養を確保し、低温手作り製法で、食材成分の「変性」を防止し、酸化も防いでいるのが「犬心」です。

 

 

【併発7疾患に対応 成分値】
325kcal/100g、粗脂肪5~9%、粗繊維5~8%、粗タンパク質23~27%、可消化性炭水化物40~45%、リジン約1.9%、L-カルニチン300ppm以上、ビタミンE400IU/kg以上、ビタミンC100mg/s以上、セレン約0.7mg/s、ナトリウム約0.3%、カリウム約0.7%

 

低カロリーで低脂肪、タンパク質やセレンなど、糖尿病の犬に必要な栄養素はしっかりとふくまれています。

 

 

【12の不使用宣言】
食品添加物、酸化防止剤、防腐剤、合成調味料、着色料、肉骨粉、オイルコート、香料、肉魚の高温加工、残存農薬、乾燥肉、肉副産物

 

 

犬心糖&脂コントロール」は、療法食ドッグフードとして、ネット上でも評判になり、話題を呼んでいます。また、購入した愛犬家さんの間でも口コミで広がっているようですが、一般的な知名度は、まだそれほど高くありません。

 

なぜなら、「犬心 糖&脂コントロール」は、一般の小売店や店舗では販売されておらず、公式サイトからの直販でのみ取り扱われているからです。しかし、95%のリピート率が物語っているように、犬心ドッグフードの評判は良く、実際に口コミで広がりを見せています。

 

価格については、定期コースが一番割引率が高く、お得になっていますが、心配であれば、無料サンプルで食い付きをチェックすることが可能です。

 

あと、無料サンプルで食い付きをチェックする場合でも、いきなり全量を切り替えるのではなく、最初は「犬心ドッグフード」を全体の1割程度にし、数日かけて徐々にフードを切り替えるようにして下さい。

 

いきなり全量を切り替えてしまうと、ワンちゃんの警戒心が働いて、ニオイを嗅いだだけで食べないこともあります。ちゃんと切り替えすれば食べてくれるのに、いきなりの全量切り替えが原因で、食べないと判断するのは、勿体ないですから。

 

※こちらから公式サイトで詳細が見れます↓

 

 

糖尿病の合併症として、併発リスクの高い、甲状腺機能低下症についても、原因や症状や治療法、食事療法のポイントなどの詳細を解説していますので、あわせてご覧ください。
⇒ 犬の甲状腺機能低下症での食事※症状が和らぐドッグフード