犬心ドッグフードの口コミ「本当の評判」効果の根拠を初公開!

 

愛犬が健康問題で悩まされているという方にこそ、ぜひおすすめしたいのが特別療法食の「犬心ドッグフード」です。今回は「犬心ドッグフード」の特徴や口コミ、効果の根拠などを、このサイトでは初公開ですが、徹底的にご紹介していきたいと思います。

 

※商品名は、犬心 糖&脂コントロールと言います

 

犬心ドッグフードは、飼い犬が多くかかる次のような疾患の全てを同時にケアできるという、病気療法食と認められたドッグフードで、専門家や愛犬家の口コミで、ジワジワと話題を呼び、ネット上でも評判になってきています。

 

下記にあげる病気に悩まされている飼主さんには、特にご覧いただきたいと思っています。

 

 

「 詳細ページあり⇒愛犬の甲状腺機能低下症
「 詳細ページあり⇒糖尿病を抱える愛犬
「 詳細ページあり⇒膵炎に苦しむ愛犬
「 詳細ページあり⇒脂質代謝異常症を患う愛犬
「 詳細ページあり⇒愛犬のクッシング症候群
「 詳細ページあり⇒高脂血症の愛犬
「肥満やメタボの愛犬」

 

また、公式サイトでは公表されていませんが、「犬心ドッグフードの口コミ」などを調べていると、下記のような疾患にも効果があるようですね。

 

ストルバイト結石
腎臓病
心臓病
肝臓病(胆のう疾患)
シュウ酸カルシウム結石

 

・目次をタップすると知りたい項目から確認できます。

犬心ドッグフードで愛犬を守れる!

 

家族同然に大切な愛犬の健康…言葉が喋れないからこそ、しっかりと向き合って体に負担がないようにしてあげたいですよね。しかし、どのような栄養をあげたらいいのか、何を避けるべきなのかなど、犬の健康管理はとても難しいものです。

 

今回ご紹介する「犬心ドッグフード」は、愛犬の健康管理に関心が高い飼い主の皆さんのために開発された特別療法食のドッグフードです。95%ものリピート率があるほど評判も良いことで知られています。

 

難しい食事の栄養コントロールなどを気にすることなく、この「犬心ドッグフード」だけで豊富でバランスのとれた栄養素を与えることができます。

 

重大な7疾患に対処 

 

前述したとおり、「犬心ドッグフード」は、特に「膵炎・クッシング症候群・甲状腺機能低下症・糖尿病・脂質代謝異常症・高脂血症・肥満」の7つの疾患に同時に対応できることでも知られていて、口コミで広がっているのはは、これが非常に優れた効果をもたらしてくれるからなんです。

 

これらの7大疾患は、高血糖高脂質によって起こりやすいと言われていて、併発する可能性が極めて高い病気です。つまり、これらの7大疾患への食事管理は、それぞれの病気単体にだけ注意していれば良いというわけではなく、全ての病気に対応した食事療法であることが重要なんです。

 

実は、これら、犬の7大疾患と言われるトラブルは、「高脂血・高血糖」との深い因果関係があって、高脂血・高血糖のトラブルをケアすることにより、全ての病気に対応することが可能なんです。このことに着目して作られたのが犬心というドッグフードで、しかも、純国産・完全無添加でそれを実現させているんです。

 

もちろん、肥満予防とかメタボ予防を目的にして与えてあげることも可能で、まだ病気になっていないワンちゃんだって、安心してたべさせてあげることができます。愛犬の命に関わる恐れもある重大な病気なので、病気になってから対処するのも必要ですが、日頃からの予防も重要になるのです。

 

犬心というドッグフードが口コミで広がっているのは、このような優れた点が愛犬家や専門家の目に止まり、実際に使って効果を実感しているからなんです。リピート率も95%と超高くて、食いつきも抜群なんですよ。それでは、犬心ドッグフードの口コミや、その特徴なんかも詳しく紹介していきますね。

 

 

 

専門家チームで徹底開発 

 

犬心ドッグフード」は、大学や研究所などさまざまな専門家チームを結成して愛犬の健康を守るためのドッグフード作りに励んできました。

 

獣医や栄養学の専門家、10年もの実績がある開発メーカー、70年もの歴史を持つ研究工房、そして東京農業大学などをはじめとした大学がチームに加わっています。

 

また研究開発過程では、実際に300頭の犬たちにも協力をしてもらっています。

 

 

 

100%無添加で体に優しい12の不使用 |原材料と成分分析

徹底的に愛犬に優しいドッグフードを開発するために、「犬心ドッグフード」は完全無添加にこだわっています。

 

そのため食品添加物や酸化防止剤、防腐剤、合成調味料、着色料、香料、肉骨粉、肉魚の高温加工、乾燥肉、肉副産物、オイルコート、残存農薬の12の不使用を宣言しています。

 

 

【犬心に使用される自然由来の原材料】
生肉(牛・馬・鶏)、各生魚、魚粉、玄米、大麦、さつま芋、じゃが芋、ゴマ、ココナッツ、とうもろこし、大豆、ホエイ、海藻、花びらたけ、ひまわり油、冬虫夏草、乳酸菌群、ビール酵母、オリゴ糖

 

【犬心ドッグフードの成分値】
325kcal/100g、粗脂肪5~9%、粗繊維5~8%、粗タンパク質23~27%、可消化性炭水化物40~45%、リジン約1.9%、L-カルニチン300ppm以上、ビタミンE400IU/kg以上、ビタミンC100mg/s以上、セレン約0.7mg/s、ナトリウム約0.3%、カリウム約0.7%

犬心ドッグフードには、一切の人工添加物が使われていませんし、低脂肪・低カロリーで、血糖値のコントロールや肥満対策にも良いことがわかりますね。

 

実は、人間も食べられるほど、愛犬に害のないドッグフードなのです!

 

口コミで広がるのも納得です。

 

 

犬心ドッグフードの実際の口コミを検証

 

実際に「犬心ドッグフード」を愛犬に食べさせている方は、どのような効果を感じているのでしょうか?愛犬に「犬心ドッグフード」を与えている飼主んさんの口コミを見ていきましょう。

 

実際に効果を実感された方の口コミ

 

 

まず「犬心ドッグフード」を愛犬が食べ始めてから、明らかに愛犬の体調や状態が良くなったという口コミが多く見受けられました。

 

 

・「愛犬のモモは慢性膵炎にかかって食欲も薄くなってしまったのですが、犬心を買ってからは食欲も徐々に開発してきて、よく動くようになりました!」

 

・「愛犬ユキは糖尿病と診断されてしまい、時々発作のような症状が出ることもあり見ていられませんでした。犬心はユキの体にも優しいようで、よく食べてくれるし元気も取り戻しつつます。」

 

・「愛犬の健康管理をきちんとしなければとは思っていたのですが、どんな風に食事を摂らせればいいのかなどわからないことだらけでした。犬心ドッグフードは、それだけでも栄養バランスがきちんと取れているので、愛犬にも安心して食べさせられます。」

 

・「うちのメグは、首からお腹、背中に向けて毛が抜けてしまい、甲状腺機能低下症だと診断されました。「犬心ドッグフード」を与え始めてから、元気な状態をキープできていると感じています。散歩に自分から行きたがることもあり、まだまだ元気でいてくれてます」

 

・「わが家の愛犬小雪は、炎症性腸疾患と慢性膵炎の持病を抱えています。発病してからは食欲も落ち、吐き戻しやお腹を下す事も多く、みるみる衰弱して痩せてしまいました。散歩もままならない状態でしたが、そんな時「犬心」と出会いました。はじめは少ししか食べてくれなかったのですが、徐々に食いつきが良くなり、体重も戻ってきました。まだ闘病生活は続きますが、元気を維持することが出来ています。」

 

皆さん、「犬心ドッグフード」で愛犬のためにどうにかしてあげたいという気持ちが、実際の口コミから十分に伝わりますね。

 

心配や不安を共有する口コミ

 

 

一方で、「犬心ドッグフード」に対する心配や不安を語っている口コミも見つかりました。

 

・「穀物が含まれているようですが、消化に悪そうなのでちょっと心配です…」

 

・「さっそく愛犬にあげてみたのですが、あまり食いつきが良くありませんでした…」

 

ネガティブな口コミでは、「犬心ドッグフード」の内容についての不安や実際の愛犬の好みなどについて寄せられているようですね。

 

 

犬心ドッグフードの効果は?

 

ネガティブな口コミでも寄せられていた、「犬心ドッグフード」の内容に対する不安を解決するために、「犬心ドッグフード」の効果のポイントを見ていきましょう。

 

ポイント1 血糖コントロール

 

「犬心ドッグフード」では高血糖に対応するために、「消化されやすい糖質」を制限して、糖の吸収をブロックする栄養素を取り入れることで血糖コントロールを行っています。

 

ポイント2 質もいい低脂肪

 

高脂肪を防ぐためには、脂肪の量を減らすだけではなく「質のいい」脂肪を取り入れています。
そのために良質な生肉や生魚、ココナッツなどから取れたオメガ3/6を採用しているのです。

 

ポイント3 栄養バランスも抜群

 

カロリーを抑えるだけではなく、ビタミンやミネラル、アミノ酸などエネルギーの元にもなり体の健康をバランスよく保つための栄養素にもこだわられています。

 

ポイント4 腸の健康を保つ

 

腸の健康を保つことは、免疫力を保つためにも大切なことです。免疫成分として知られている「βグルカン」高含有の花びら茸を配合することで、愛犬の腸の健康にプラスして免疫力も高めます。

 

※犬心は、膵炎・クッシング症候群・甲状腺機能低下症・糖尿病・脂質代謝異常症・高脂血症・肥満」といった犬の7大トラブルに対応した、「療法食ドッグフード(病気管理用フード)」で、100%無添加・純日本国産の製品です。

 

 

食いつきチェックに無料サンプルを! 

 

愛犬の食いつきが悪いのかどうかがわからない…」と不安に思っている方。実は「犬心ドッグフード」の公式サイトでは、無料のサンプルを利用することができます。

 

愛犬がちゃんと美味しく食べられるのか、体に合うものなのかなどの不安を事前に解消できる嬉しいサービスです。

 

また、ドッグフードを新しいものに変える際には、急に変えるのではなく徐々に変えていくことが大切です。
1週間を目安にして毎日の食事を置き換えるようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

「犬心ドッグフード」は、愛犬の健康管理を毎日の食事から簡単に行うためにも口コミで評判が高いことが分かりました。大切な愛犬が元気に生きられるように、ぜひみなさんも「犬心ドッグフード」を愛用してみてくださいね。

 

 

犬心が療法食として効果を発揮する、犬の甲状腺機能低下症について詳細をまとめましたので、こちらもご覧になってみて下さい。

 

トップページに戻る⇒ 犬の甲状腺機能低下症の食事に!症状が和らぐドッグフード