犬の癌への食事レシピ|食べない悩みを解決する最新のドライフード

犬,癌,食事,療法食,ドライフード

 

こちらのページでは、癌(がん)になった愛犬への食事療法のため開発された、犬の癌(がん)や腫瘍ケアの食事レシピで作られた「特別病気療法食」を徹底的に調査し、さらに、食いつきが抜群の美味しいドライフードだけをご紹介します。

 

犬の癌の特徴や、食事レシピで注意すべきポイント、与えてはいけない食べ物や「手作り食」についても解説していますので、病院食を食べない「癌(がん)」のワンちゃんにも、お役に立てると思います。

 

「ガンになった愛犬の具体的な食事療法について知りたい。」

 

「獣医さんにすすめてもらった病院食を食べないので、食事管理に困っている。」

 

そんな風に、癌の愛犬の食事管理で悩んでいる飼主さんの、参考になれば嬉しい限りです。

 

人の死因のトップは、男女とも悪性腫瘍、つまり癌(がん)ですが、実は犬の間でも、半数以上の死亡原因が癌なのです。腫瘍疾患を抱えた犬は、栄養の多くを癌(がん)・腫瘍に奪われてしまうため、それに合わせた特別な食事のレシピが必要になります。

 

そのため、犬の癌(がん)や腫瘍疾患の食事療法に適した、特別なレシピの療病気法食は、全国の動物病院でも出回っていますが、食いつきに問題があることも多く、病気のワンちゃんが食べてくれないことも少なくありません。

 

癌(がん)である腫瘍に栄養を与えず、犬自身の持っている自然治癒力を引き出し、癌の愛犬に必須な臨床栄養を備えた、味が良く食いつき抜群のドッグフード(ドライフード)だけをご紹介していきます。

 

このページの目次

犬の癌(がん)への臨床栄養を満たす食事レシピの療法食ドッグフード

 

癌(がん)疾患を持っている犬の食事療法には、いくつかのポイントがあります。腫瘍は多くの栄養分を吸収し、犬の元気を奪うため、免疫力の低下や栄養不足による衰弱を伴います。
犬の癌でも、出来る体の部位によっていくつもの種類がありますが、食事のポイントや注意点については同じです。)

 

そのため、まずは、癌(がん)・腫瘍が利用できないエネルギー源である「高脂肪」であることが望まれます。牛や馬、鳥等の動物性脂質、さらには体内で作り出す事の出来ない青魚や亜麻仁油に含まれる、必須のオメガ3脂肪酸が良いとされます。

 

そして、「糖質制限」、糖の吸収をブロックする食物繊維などを考慮し、過剰な動物性脂肪の摂取を防ぐ、鹿肉などの高タンパク・低脂質の「良質な高タンパク質」が重要になります。さらには、犬の免疫細胞の7割が集まる、腸内の善玉菌を増加させ、免疫力を維持させるβグルカンなどを含んでいる食事が理想です。

 

これらの必須栄養素を、臨床栄養と言い、この臨床栄養を満たした食事のことを「療法食(病気管理用食)」と呼びます。まずは、療法食として認められているドッグフードをご紹介していきます。

 


犬,癌,食事,療法食,ドライフード

みらいのドッグフードの特徴

・犬の癌(がん)・腫瘍対策の特別療法食
・癌、腫瘍になった犬の食事療法用で、全犬種対応。
・犬のマクロビオティック思想を導入した発酵素材配合
・高級鹿肉をメイン使用
・別途オメガ3脂肪酸オイル付
・無料サンプル・全額返品保証
・βグルカン2,000r

価格 6500円
評価 評価5
備考 亜麻仁オイル(200ml)・無料お試し(50g)付 1kg
みらいのドッグフード・腫瘍サポートの総評

製薬会社が開発した、犬の癌(がん)への臨床栄養を満たした薬膳の病気療法食で、「鹿の良質な高タンパク質&低脂肪」、さらに、「霊芝やアガリクス、ハナビラタケ、メシマコブなど7種類キノコ類と乳酸菌や酵素」など犬のマクロビオティック(無農薬発行素材)思想を導入して、充実した「腸活レシピ」を実現。また免疫学にも長けており、犬の自然治癒力を維持する力を育みます。新鮮な天然食材で美味しさも追及しており、食いつきもばつぐんです。※このサイトから購入される方には、楽天などには無い、定期コース(1回購入で解約・休止自由)、無料トライ並びに返品保証がつきます。

 


犬,癌,食事,療法食,ドライフード

犬心 元気キープの特徴

・犬の癌(がん)に対応したナチュラル療法食
・10年以上にわたる専門家チームにより開発
・専門的な対応が親身でわかりやすい
・オメガ3脂肪酸5%以上(オメガ3オイル付)
・癌・腫瘍へ吸収されやすい栄養分のカット!
・犬の免疫力キープ(花びら茸・冬虫夏草のベストな組合せ)

価格 7400円
評価 評価5
備考 1ヶ月分(目安)
犬心 元気キープの総評

キノコの「免疫力維持」を最大化する、犬の栄養学にもとづく配合バランス。高タンパク質でアルギニン高配合、糖の吸収をブロックする食物繊維バランス、癌・腫瘍が利用しにくい大麦・玄米を使用し、免疫力キープに欠かせないβグルカン高含有の「花びら茸」を配合。犬の自然治癒力をキープする力を育みます。無料食いつきチェックサービスあり(受注生産)。下記公式サイト下部に問い合わせ欄があり、犬心元気キープについてはそちらに連絡してください。「犬心 糖&脂コントロール」は、癌の療法食ではありません。

 

 

犬の癌・腫瘍で伴う4つの栄養トラブル

 

犬の癌(がん)の種類は、癌が出来る部位によって様々に分類されますが、ほぼ全てに共通して起こる4つの栄養トラブルがあります。

 

1、癌(がん)・腫瘍に栄養分を奪われる

腫瘍は糖質を栄養分として増殖します。特にブドウ糖などの利用しやすい糖分が吸収されやすく、栄養を吸収して活発になった癌はどんどん成長します。

 

2、犬自身のエネルギーが不足します

癌(がん)・腫瘍に栄養を奪われた犬は、エネルギー不足になるため、元気が無くなり、活動量が低下します。散歩に行きたがらなくなったり、グッタリしていることが多くなります。

 

3、タンパク質不足になる

体内に癌・腫瘍ができた犬は、代謝異常を伴います。そのひとつとして、タンパク質不足が挙げられます。体重の減少や元気の喪失につながります。

 

4、免疫力の低下

犬の体内で癌・腫瘍をやっつけてくれるのが免疫細胞です。健康体であっても癌細胞は毎日体のどこかで発生しているとされ、免疫細胞がやっつけてくれているのです。癌細胞が幅を利かせている腫瘍疾患では、免疫力が低下している状態で、健康をキープできなくなります。

 

 

癌の犬の療法食で気を付けるべきポイント

 

 

1、高脂肪の食事を

糖を栄養とする、癌(がん)・腫瘍の犬は深刻なエネルギー不足を伴います。そこで糖質の代わりに、腫瘍に吸収されにくい、脂肪でエネルギーを補う必要があります。

 

2、糖質の制限を

犬の癌の食事療法で重要なポイントのひとつに、「糖質の制限」があげられます。腫瘍は糖をエネルギー源とし、糖質を与えるとどんどん成長します。癌の栄養分を断つ意味でも「糖質制限」は必須です。また、体内で糖質になる「吸収されやすい炭水化物」も避ける必要があります。

 

3、オメガ3脂肪酸の摂取を

エネルギー不足を補うため、高脂肪の食事をとらせる必要があると書きましたが、高血糖や高脂肪からくる疾患にも気を付けなければなりません。そこで、「脂肪の質」が挙げられますが、「オメガ3脂肪酸」が理想と言われています。「オメガ3脂肪酸」は犬の体内では作られない必須脂肪酸で、生魚や生肉、亜麻仁油に含まれます。※癌に良いとされる臨床報告があります。

 

4、高タンパク質な食事(高アルギニン)を

代謝トラブルによるタンパク質の不足をおぎなうため、良質なタンパク質を含むことも大切な要素になります。良質なタンパク質を構成する、アミノ酸などの栄養バランスも重要です。とくに高アルギニンなどは、犬の癌(がん)・腫瘍に良いとされています。

 

5、腸内バランスを整えましょう

癌になると、免疫力が低下してしまいます。腸内環境を整えて善玉菌をアップさせ、免疫力を維持させるのも大切です。犬の腸には約7割もの免疫細胞が集まっており、腸内バランスを整えることで、免疫力キープを狙います。乳酸菌やキノコ類に含まれる「βグルカン」などが有名です。

 

 

犬の癌で避けたほうが良いドッグフード

 

 

愛犬の癌(がん)が判明した場合、今与えているフードの原材料を確認したほうが良いでしょう。栄養バランスを考えて作られているドッグフードでも、癌・腫瘍の場合は避けたほうが良い素材が含まれていることが多いです。

 

 

犬の癌(がん)・腫瘍ではNGの食材

 犬の癌(がん)において、与えてはいけない食材があります。犬の癌(がん)の食事のレシピでは、避けなければいけない物も知っておかなければなりません。

 

1、主原料が白米、小麦、とうもろこし

白米、小麦(グルテン)、とうもろこし、植物油(菜種油を除く)が多い食材は、長い間食べさせ続けるにはデメリットが多い素材です。穀物(炭水化物)よりも、愛犬の癌に必要なのは、まず、タンパク質です。

 

2、植物性油を使用している

菜種油以外の植物性油はデメリットが多いです。

 

3、保存料、酸化防止剤

腫瘍疾患のある愛犬は特にですが、防腐剤は無添加が大原則です。

 

 

グレインフリー(穀物不使用)と穀物使用ドッグフードの良い所・悪い所

 

ここ最近の研究結果では、穀物類が犬の体内でしっかり消化され、善玉菌のエサになることが報告されています。狼を先祖に持つ犬は肉食動物であり、本来肉を主食にするべきと思われがちですが、野生の犬は捕食される草食動物から穀物類を摂取しています。

 

炊かない生の玄米粉や大麦粉は、ブドウ糖に変化するなどのデメリットは無くなり、逆にブドウ糖を抑制するといったメリットがでます。穀物すべてが悪いのではなく、良質な玄米や大麦全粒粉を低い比率で配合することで、善玉菌を増加させる働きを助ける方向へ持っていくことが良いのです。

 

 

癌の愛犬に手作りの食事をおすすめしない理由

 

このサイトでは、癌(がん)・腫瘍疾患の愛犬に、手作りでの食事療法をおすすめはしていません。ご覧に頂いているように、癌になった愛犬の食事にはそれなりの気を付けるべきポイントがいくつもあります。

 

海外では専門の獣医師による、手作りの療法食について「臨床栄養調査」が行われ、必要な栄養素を満たしたものが、全体の10%程度だったとの報告があるそうです。専門家が作る病気管理用の療法食でさえ、栄養不足なのですから、一般の飼主さんにはお勧めできるはずがありません。

 

癌(がん)・腫瘍を抱えた犬に対する栄養知識食材選定から調理の手間に至るまで、結構な負担になることは間違いありませんし、愛犬の栄養不足などのリスクも伴います。やはり、犬の癌疾患に対する臨床栄養を備えた、良質なドッグフードを選択するべきだと考えます。癌・腫瘍に対応した療法食ドッグフードを取扱っている販売元であれば、親身になって相談に乗ってくれますので、そういった意味でもこちらをオススメしています。

 

 

犬の癌の食事療法で一番のオススメは「みらいのドッグフード・腫瘍サポート」

 

 

癌疾患を抱えた愛犬に、私が一番おすすめするのは、「みらいのドッグフード・腫瘍サポート」です。

 

特定の疾患(今回の場合は癌)になった犬の臨床試験に基づき、量や比率が調整されたドッグフードを療法食と言いますが、「みらいのドッグフード」は正真正銘の療法食です。

 

サプリとして補うのではなく、食事として必要なレシピで、バランスの取れた栄養素を摂取するからこそ価値があるのが療法食で、単なるナチュラルフードでは無いという事です。癌・腫瘍の事を一番に考えた食事とは、「高タンパク質」「糖質の制限」「高脂質」「オメガ3脂肪酸」があげられますが、「みらいのドッグフード・腫瘍サポート」はしっかりとそれらを満たします。

 

犬の癌(がん)腫瘍の臨床実験による食事の推奨栄養レベルというものがあるのですが、それらをしっかりと備えている成分のレシピが、市販のプレミアムドッグフードとの違いでもあります。ちなみに、その数値を下記の表で確認することが出来ます。

 

項目名 推奨栄養レベル値
脂肪 20%〜40%
炭水化物 25%以下
タンパク質 30%〜45%
オメガ3脂肪酸 5%以上
アルギニン 2%以上

 

みらいのドッグフード・腫瘍サポート」は、獣医師やペット栄養管理士のもと、10年の歳月をかけて開発された、犬の癌・腫瘍疾患用ドッグフード(療法食)であり、犬の癌研究データの有用性を見事に具現化させたものです。獣医師の癌の研究データを、ペット栄養管理士の監修に基づき開発された、最新の療法食です。

 

そして、犬にマクロビオティック思想を取り入れ、無農薬発酵素材と、良質で高タンパクな熟成野性鹿を使用しています。鹿肉は高タンパク質で低脂質、高カルシウムで低アレルゲンな高価な食材です。鹿肉は野性の狼が好む良質なタンパク源で、犬の本能を呼び覚ますと言われ、世界各地に住む野生の狼の75%以上が鹿を主食としています。

 

さらには、10種類のスーパーキノコ+αの栄養素を配合し、免疫力をキープする力を育むことにも力を注いでいます。犬の消化構造と免疫力維持に合った、日本初の玄米採食の食事療法「マクロビオティック※犬版」と「野性鹿肉」、「10種類のスーパーキノコ」の強力なコラボで、愛犬の癌をケアします。

 

 

 

「みらいのドッグフード」7つのこだわりポイント

 

 

1、犬の本能が求める熟成鹿肉を贅沢に配合

犬の先祖である狼が主食にした野性の鹿肉(丹波産)を中心に、牛肉・鶏肉・馬肉、豚肉を適量配合することで、良質な高タンパク・低脂質を実現。※牛や馬等の適量配合+植物性脂質アマニ油の組合せにより高脂質に!

 

 

2(その1)、オメガ3脂肪酸(DHAとEPAを大量補給)

雑節、魚粉、煮干しなどを混ぜ込み、アミノ酸バランスを最適化し、EPAやDHAを補給。魚に含まれるタンパク質は、栄養バランスや安全性、消化率やアレルギーなどの色々な観点から見ても、牛やチキン、馬よりも優れています。さらに、循環器系や健康な血管など免疫力キープのため、良質なタンパク質の雑節や、胡麻を配合しています。

 

 

2(その2)、オメガ3脂肪酸(別ボトル亜麻仁油でαリノレン酸補給)

亜麻仁(アマニ)油は、植物性の油で、バターやラードなどの動物性油とは違い、体内に入ってもサラサラな不思議な油です。臨床試験で良い結果の出ているオメガ3脂肪酸を60%も含みます。※オメガ酸脂肪酸は、犬の体内で作ることが出来ない必須脂肪酸。

 

さらには、別ボトルで与える直前に振りかけることで、新鮮なオメガ3脂肪酸を多く摂取できるようになっています。あらかじめオメガ3脂肪酸を大量に配合するよりも、酸化のリスクを減らし、新鮮なオメガ3脂肪酸を与えることが出来ます。

 

 

3、生玄米粉・食物繊維でブドウ糖吸収ブロック

穀物は加熱処理をすると、癌のエサとなるブドウ糖に分解されます。しかし、生食や短時間の低温製法で処理することで短鎖脂肪酸となり、ブドウ糖が生成されることはありません。さらに、玄米やさつまいも等は不溶性食物繊維で、ブドウ糖の吸収を穏やかにしたり、腸の健康や免疫力キープに有効な、善玉菌のエネルギー源になります。

 

 

4、オレイン酸の多い菜種油の純度100%1番搾り

犬の他の疾患では良いとされているオメガ6脂肪酸ですが、癌・腫瘍疾患の場合は良くないとされています。大豆油やコーン油、ひまわり油などの植物性油はオメガ6脂肪酸を多く含み、癌疾患にはよくありません。

 

菜種油はオレイン酸(オメガ9脂肪酸)を多く含み、発癌実験でも最も少なかったことが報告されています。みらいのドッグフードは「菜種油」を配合し、且つ1番搾りと呼ばれる純度100%のバージンオイルを使っています。

 

 

5、栄養素を破壊しない低温圧力製法

この道20年以上のドライフード職人が、フードの色や形の安定性といったこだわりを捨て去って、低温・低圧によって生産する製造方法を確立しました。犬が必要とする動物性タンパク質の劣化や油の酸化を最小限にとどめる事ができ、且つ高い栄養価を保つことができます。まさに、生食に近いドライフードの完成です。

 

 

6、自然治癒力を維持するため、10種類のスーパーキノコ配合

人間の体の緊急時にも重宝されている、10種類のスーパーキノコをたっぷりブレンドしています。免疫力キープにも良いとされるβグルカンが1kgあたり2,000r配合されています。良く知られるアガリクス茸単体の3倍ものβグルカンが含まれています。すべて無農薬で、栽培方法など、品質にもこだわっています。

 

単品種のキノコを、毎日定量摂取していると、免疫活性物質の材料となるアミノ酸が不足し、効果が弱まってくる「免疫枯渇」の可能性が指摘されています。みらいのドッグフードでは、10種類のキノコを製造ロッドごとに異なる配合比で変化させ、あえて毎回新鮮な働きかけをするように工夫しています。

 

また、それぞれのキノコにはそれぞれの特徴があり、副作用と効果は表裏一体なのですが、多品種のキノコを使う事で「免疫枯渇」を解決させ、デメリットを可能な限り低くするため、量と配合比率を徹底的に最適化しています。

 

「配合のスーパーキノコ10種類」

  1. アガリクス
  2. ハナビラダケ
  3. メシマコブ
  4. ヤマブシダケ
  5. 冬虫夏草
  6. シイタケ菌糸体
  7. 霊芝
  8. チャーガ
  9. カワラタケ
  10. タモギダケ

 

7、初となる「犬のマクロビオティック思想」の導入

世界からも注目される、日本初の玄米採食の食事療法「マクロビオティック」。犬は元々肉食(雑食)であり、消化の負担やアレルギーなどの問題で、穀物や食物繊維は必要ないと思われていました。しかし、最近の動物栄養学において、「良質な穀物や野菜の食物繊維は、犬も消化が可能で、善玉菌のエネルギーになる」ことがわかっています。

 

初となる「犬の消化構造と免疫力キープ機能に合ったマクロビオティック思想」を導入したのが、「みらいのドッグフード」で、「菌糸体」「玄米」「乳酸菌」「酵素」「野菜」「豆類などの食物繊維」といったマクロビ発酵素材が使われています。

 

 

「みらいのドッグフード」の味や食いつき、口コミや評判

 

病気療法食と聞けば、美味しくなさそうで愛犬の食いつきが心配になりますが、「みらいのドッグフード」は、味にもこだわり、制作スタッフ自らが毎日試食を繰り返しながら作られたそうです。人間も食べられる、ヒューマングレードで美味しさを追求しています。

 

また、公式サイトの口コミの中には、余命宣告された愛犬や、腫瘍を切除したワンちゃんの食事療法で効果をあげている様子も確認できます。食欲が落ちている状態のワンちゃんが、喜んで食べているというのですから、味の心配は必要ないのではないでしょうか。

 

蛇足になりますが、フードを切り替える場合は、現状のフードに1割程度を目安として療法食を混ぜるようにし、一週間程度をかけて徐々に切り替えていくようにします。一気に全量を切り替えると、食いつきが悪くなるケースがあるので頭に入れておいてください。

 

みらいのドッグフードについて、口コミや評判を調べてみましたが、切実な状況から脱した口コミもたくさん確認することができました。評判についてもおおむね良いもので、唯一価格が高いことへの不満のようなものがありました。

 

ただ、このサイトからであれば、通常の楽天通販でにはない「定期コース」が用意されており、無料サンプルと返品保証がつきます。定期コースも良く聞く何カ月契約といったものではなく、「解約・休止自由」で「継続義務なし」という他の通販ではあまり類を見ない「定期購入」です。

 

 

「みらいのドッグフード」の詳細を見る↓

 

 

 

 

 

TOPページへ戻る⇒ 【犬の甲状腺機能低下症の食事】 ※症状が和らぐドッグフード