【犬の甲状腺機能低下症の食事】※症状が和らぐドッグフード

犬の甲状腺機能低下症の食事画像

 

こちらのページでは、犬の甲状腺機能低下症の食事療法として最適なフードをご紹介しています。

 

犬の甲状腺機能低下症という病気は甲状腺ホルモンの分泌が少なくなり、栄養代謝のトラブルを抱えてしまう病気です。

 

犬の甲状腺機能低下症では、高脂血や高脂肪を伴いがちなので、そこからくる合併症の予防や、既に併発している病気ケアのためにも、フード選びは重要なポイントになります。

 

治療としては甲状腺ホルモンを投薬するのが一般的ですが、栄養代謝のトラブルを抱えてしまうため、毎日の食事療法が非常に大切になってきます。

 

病気に対応した栄養バランスであることはもちろん、食い付き率が高いフードでないと、食べてくれない等の問題があるため、味も良いフードを徹底的に厳選しました。

 

愛犬が甲状腺機能低下症にかかり、心を痛める飼い主さんのお役に立てれば幸いです。

 

甲状腺機能低下症の食事療法におすすめなドッグフード

 

犬の甲状腺機能低下症という病気は、甲状腺ホルモンが正常に働かないため基礎代謝が落ちてしまいますので、普通のドッグフードでは太りやすく肥満やメタボになりがちです。

 

体内のタンパク質を作る力も低下していますので、消化の良い良質で適度なタンパク質、そして、低糖質・低カロリーの食事を心がけてあげなければいけません。

 

そして、高脂血にも配慮して、良質な低脂肪であることも大切です。

 

しかし、毎日手作りで愛犬の食事療法を行うのは、とても大変です。

 

また、免疫力も落ちています。

 

犬の甲状腺機能低下症の食事療法に、必要な条件を満たしたドッグフードをおすすめ順で掲載していますので、ご参考にしていただければと思います。

 

粗悪な原材料や添加物、不必要な保存料などを含まない体に優しいものだけを紹介しています。

 

犬,甲状腺機能低下症,食事,ドッグフード,原因


犬心 糖&脂コントロールの特徴

※甲状腺機能低下症の療法食で全犬種に対応できます。
※ただの「低脂肪」「低糖」なだけではなく、臨床栄養を全クリアしています。
※犬の免疫細胞の実に7割が集中する腸、その腸内の善玉菌をアップさせる、「βグルカン高含有」の花びら茸を配合。
※「消化されやすい糖質を制限」「糖の吸収を抑制する食物繊維を配合」、ダブル要素で血糖値コントロール
低脂肪はもちろん、非常に良質なオメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸配合。
低カロリーで消化の良い上質なタンパク質、ビタミン、ミネラル、アミノ酸等の栄養素をバランスよく配合

価格
6,400
評価
評価5
備考
税抜 3キロ(1キロ×3袋)
犬心 糖&脂コントロールの総評
食い付きチェックのため無料お試しサービスあり!

犬心は、原材料から生産まで全ての日本で製造される、純国産の療法食ドッグフードで、甲状腺機能低下症はもちろん、「クッシング症候群」「糖尿病」「膵炎」「メタボ・肥満」「脂質代謝異常症」「高脂血症」といった、「高脂血・高血糖」が関係する病気やトラブル全てに対応できる、理想的な無添加ドッグフードです。
人も食べられるというコンセプトもあり、その他の病気の併発防止にも役立ちます。

犬,甲状腺機能低下症,食事,ドッグフード,原因


モグワンの特徴

※低脂質で良質なタンパク質配合・【イギリスの平飼いチキン】。
※吸収分解が早い中鎖脂肪酸、犬がリフレッシュできるラウリン酸配合【ココナッツオイル】。
※アミノ酸やビタミン、ミネラル等を含む栄養豊富な海藻で、良質なオメガ3脂肪酸を配合。
※ビタミン類やセレンも豊富に配合。
※糖の吸収をブロックする食物繊維も豊富で愛犬の体内環境を整えます。
※還元作用の高いアスタキサンチンや健康を維持するDHA、スムーズなリズムを維持する
EPAが含まれる「スコットランド産のサーモン」。

価格
3,564
評価
評価4.5
備考
税抜 (1.8キロ) 特別優待価格【10%OFF】 3個以上送料無料
モグワンの総評
獣医学会で権威ある雑誌、MVMに掲載されたことのあるモグワン、2016年10月に行われた獣医師対象の、先端医療学会アンケート調査で、84%もの獣医師が「モグワンドッグフードを食べさせたい」と回答したそうです。消化の良い良質なタンパク質と、オメガ3・6脂肪酸を含み、アレルギーのもととなる穀物類は一切不使用(グレインフリー)。97%以上のワンちゃんが食べた食いつきの良さもおすすめです。

犬,甲状腺機能低下症,食事,ドッグフード,原因


アランズ ナチュラルドッグフードの特徴

※選び抜かれた100%無添加の厳選素材。
※人工添加物・肉副産物・着色料・保存料・香料不使用。
※犬の食いつきが良い美味しいラム肉を採用!
※消化吸収が良いドッグフードで、甲状腺機能低下症の犬にも優しい。
※国際規格であるSAI GLOBALのランクAを取得し、州議会と英国小売協会にも認可された工場で、徹底的な品質管理のもとで生産されています。

価格
3,564
評価
評価4
備考
税抜 2キロ 10,000円以上送料無料
アランズ ナチュラルドッグフードの総評
有名な獣医学雑誌にも取り上げられ獣医師にも推奨されているアランズ ナチュラルドッグフードは、高品質で無添加のドッグフードです。良質なたんぱく質と低脂肪、クッシング症候群の食事療法にも使いやすいドッグフードだと思います。療法食ではありませんが、原材料と成分分析値を参考に、獣医師に指示を仰ぐと良いでしょう。アランズ ナチュラルドッグフードは、アレルギーのある愛犬でも無添加なので安心して与えてあげられます。

 

 

犬の甲状腺機能低下症・症状や治療、食事管理

 

甲状腺とは犬の喉の付近にある器官で、細胞の代謝をあげる働きをします。

 

甲状腺機能低下症とは、その働きが弱ってしまう病気で成犬から老犬に多くみられます。

 

外部からの異物などを攻撃し、体を守るはずの免疫が自己の甲状腺を攻撃してしまう事で炎症などのトラブルを招き、犬の甲状腺機能が落ちてしまう場合もあります。

 

クッシング症候群にかかった犬の5割が、甲状腺機能低下症を併発することもわかっています。

 

(犬のクッシング症候群の詳細ページ⇒ 「犬のクッシング症候群に!正しい食事知識」)

 

基礎代謝の低下を招くために、元気が無くなったり散歩に行くのを嫌がったり、肥満になりやすかったりという症状が出ます。

 

他にも、抜け毛が多くなり皮膚病のような状態にまでなることもありますし、水分代謝も悪くなるため、全身や顔のむくみ、皮膚のたるみなどの症状も起こります。

 

甲状腺機能低下症は、ホルモン量を適量にするため、治療は甲状腺ホルモンの投薬を行う事になります。

 

治療だけで完治することはありませんが、一定の効果は期待でき、症状の改善を見ることも出来るでしょう。
もちろん、重度や症状によって効果も異なります。

 

しかし、甲状腺機能低下症においては治療以上に日々の食事、つまり食事管理での食事療法も非常に重要になります。

 

犬の甲状腺機能低下症は、消化吸収能力が低下し、食事量は前と同じでも肥満やメタボになるといった特徴があります。

 

高血糖や高脂血トラブルから、糖尿病など他の病気も発症しやすい状態です。

 

そのため、「低糖・低脂肪」のドッグフードを選ぶ必要がありますが、単なる「低糖・低脂肪・低カロリー」だけではなく、必要な栄養素や消化吸収を助けるような食材の物が良いでしょう。

 

併せて、免疫力も低下するので、犬の腸に働きかけるような免疫力アップの成分が含まれているとなお良いでしょう。

 

犬の腸には7割以上の免疫細胞が集まっていますので、「腸の健康」を改善することで闘病生活が劇的に改善されることもあり得ます。

 

 

私が一番おすすめな甲状腺機能低下症用ドッグフードは犬心

 

愛犬の甲状腺機能低下症に一番おすすめなドッグフードは「犬心」です。

 

【犬心糖&脂コントロール】はまだそれほど知名度は高くないですが、犬のプロや、犬心を実際に使った病気の犬を持つ飼い主さんの口コミでその効果が話題になっています。

 

犬心が甲状腺機能低下症の食事療法にも最適な訳は、「高血糖・高脂血のトラブル・病気」全てをケアできる療法食ドッグフードだというところです。

 

しかも純国産で完全に無添加なので、非常に安心感もあります。。

 

手作り製法と人も食べられる自然のチカラに拘っていますので、市販の販売店には出荷しておらず、インターネット通販の公式サイトだけでの販売なのもまた特徴的です。

 

犬の甲状腺機能低下症は、高血糖・高脂血のトラブル・からくる病気で、糖尿病や脂質代謝異常を併発しやすく、クッシング症候群から併発することも多い病気です。

 

そのため、「高血糖・高脂血」のトラブル全てに対応した、ドッグフードが理想的です。

 

私が「犬心」をオススメするのは、何故かといえば、下記に示す犬の7大トラブルと呼ばれる病気に対応しており、にもかかわらず臨床栄養と呼ばれる病気の犬に必要な栄養素は全てクリアして含んでいるところところです。

 

※・甲状腺機能低下症
・犬のクッシング症候群
※・犬のメタボ・肥満
・犬の高脂血症
・犬の糖尿病
・犬の脂質代謝異常
・犬の膵炎

 

犬心は、甲状腺機能低下症から併発リスクの高い疾患予防も出来ますし、反対にその他のトラブルから併発したクッシング病でもトータルでケアできるドッグフードということです。

 

奈良県磯城郡三宅町に位置するマッシュルーム・デザイン・スタジオ(大和菌学研究所)というキノコの菌の研究をしている企業が犬心の販売元で、多くの健康キノコの販売を運営している会社です。

 

屈強に関する販売品を取り扱っていく中において、獣医師や愛犬家さんとの出会いがあって、今までの「犬の病気対応のドッグフード(療法食)」に納得のいくものが見受けられない状況に気付いたのです。

 

「これはもう自分たちで作るしかない!」

 

そう決意を固めて誕生したのが「犬心ドッグフード」というわけです。

 

100%無添加や手作り製法、そして犬の7大トラブル全て、臨床栄養を克服するという点は見通しをはるかに超越した困難がありましたが、四苦八苦の末、完成された【犬心 糖&脂コントロール】。

 

100%無添加で人間も食べれるドッグフード犬心。

 

甲状腺機能低下症になった愛犬の免疫力キープに必要な「腸の健康」、その腸内善玉菌UPを促進する「βグルカン高含合の花びらダケ」

 

その花びら茸の効果に関しても「マッシュルーム・デザイン・スタジオ/大和菌学研究所」は専門分野です。

 

今一番オススメ出来る犬の甲状腺機能低下症用のドッグフードは「犬心」です。

 

犬心公式サイト

 

犬心の口コミや評判を詳しく見たい方はこちらをご覧ください⇒ 犬心ドッグフードの口コミ「本当の評判」効果の根拠を初公開!